伊吹山イヌワシ遠征第1弾・・・距離はあったが念願の鹿吊るし飛翔が撮れたぞ!!

 今季初の伊吹山遠征はまずまずの天候の上に、イヌワシも程良く飛び回ってくれ自分の中では満足な結果となってくれた。

 そして今回はイヌワシ撮りを始めて以来、念願叶って小鹿を掴んだまま飛翔するイヌワシの姿が、距離はあったが初撮り出来たことが大きな収穫となった。

 そして珍しい事に、トビも頭付きの骨付き鹿カルビ(笑)を掴んで飛んでいました。それも証拠にアップしておきましょう。こちらの方がイヌワシの掴み物より珍しいかもね・・・。

 

 ソニーα1+FE600㎜GM+1.4テレコンの840㎜&クロップの1260㎜併用撮り。

 いつまで使うのか、祖新六四の現在のシステム・・・イヌワシの羽根とフィギアはイヌワシ遠征のお守り。三脚の向こうは崖・・・足を滑らせたら終わりです。

 

 清々しい景色だが陽射しは強い・・・。

 

 岩場に止まらせ記念撮影・・・。

 

 流石に山の上は突然雲が湧き上がる事もある・・・。

 

 その時は突然やって来た・・・。「出た!!」「掴んでいる!!」シャッター音が響いたかと思えば、「何処!?何処!?」と中々見付けられない人も・・・。距離があると流石に大自然の木々を背景に飛ばれると見付けにくい。

 

 後ろ姿ではマズイ・・・と思っていたらそのうち旋回してくれた・・・。

 

 握力100kgのイヌワシだからこそ、これ位の獲物は掴んで飛翔してしまう。

 

 まだ嘴を使っていない、丸々の肉付きボディの鹿だ・・・。 

 

 もっと近ければ・・・とそれだけが悔やまれる。

 

 

 



 こちらはトビ・・・こっちの方が近かった。でも同時にイヌワシが絡み出て、掴み飛翔なのでイヌワシかと思い撮ってみたらご覧のトビでした。

 

 鹿の頭は中央下に残っていますね・・・。

 

 至近の飛翔・・・。

 

 数回フレームアウトの至近もあり楽しませてくれた・・・。

 

 夕刻には琵琶湖が赤みを帯びて輝く・・・。

 

 画像はまだまだ沢山ありますので、今度はまた違った絵をアップ致しましょう。

 

 今回は関東甲信越の顔見知りの軍団の皆様、そして地元を始め関西圏の居合わせた方々や初めてご一緒させて頂きました皆々様には大変お世話になりました。初日から最終日まで楽しく撮影する事が出来ました。

 イヌワシは神出鬼没流石に天狗様ですね。ひと時も気を許すことなくアンテナを張り周囲を見ていないとダメですね。「出たょ~!!」の声掛けで助かる事も屡々です。

 又お会いした際には宜しくお願いいたします。第1弾はこれにて終了。

 

 

                 祖新 六四

               (そにぃ むつし)















 

今季初遠征秒読み。

 今季初のイヌワシ遠征へ。

 

 

 梅雨入り前の遠征チャンスは火曜日辺りから金曜日辺りしかないとの判断で、明日の深夜滋賀県へと走ります。数日間留守にしますのでブログ訪問は出来ませんのでご了承下さい。

 

 せめて昨年撮った3枚のような絵は撮りたいものだ・・・。

 しかし心配なのは大気の揺らぎだ。大気の状態が良く無ければ、スッキリと抜けたような絵はどうやっても撮れないから・・・。

 

 

 明日一日ゆっくり休んだ後は真夜中の一人旅・・・それでは暫く留守にします。本日はこれまで。
 

 

                 祖新 六四

                 (そにぃ むつし)

暇潰しの独り言&我が家の雫と緑

 数日前は来週より再来週の方が伊吹山の天気は良さそうだったが、何やら状況は逆転し来週の方が良さそうな気配。と言う事で遠征先での宿泊ホテルは今日押さえた。後は雨だけは降らないようにと、イヌワシ様の出が良い事だけを祈るばかり。今季初の遠征はどうなるだろう・・・。

 

 さて、本日はまた独り言・・・慣れと言う感覚に惑わされ本質を見失うのは何でもそう&ソニー機材使いの自分がソニーの末路を思う。画像は我が家の鉢植えの紫陽花やスズランに雫の画像です。

 

 イカCL+105mmマクロ撮り・・・ 

 緑の葉に昨日の雨の雫が煌めいていた・・・。

 

 花を終えたスズランの姿・・・花殻が雫を纏った・・・花の後は種を作る(雫の中の青い実)。

 

 スズランの葉と雫・・・何か入っている・・・。

 


 カーマニアではないが若い頃から車も好きで色々と乗り換えて来たが(信頼性から主に国産、外車は過去2台だけ。)、その中にトヨタジェスタ4000㏄タイプBと言うV8エンジン搭載の車に乗っていた時期もあったのだが、前の車からそれに乗り換えた時には、「何だ、この静寂性は・何だ、この280馬力のフルアクセルのキックダウン時の加速感は」と驚いたものだが、この感動と驚きはやがて慣れのせいか薄れてきて、ごく普通の車としか感じなくなっていた。そう、「慣れ」と言うものに完全に感覚が陥っていた訳だ。それはカメラ機材に関しても言えるのだと、最近は特にそう思うようになって来た。例えば今現在ソニーの機材を使っているが、以前はキャノンを使っていた。キャノン・ソニーを問わずいやその他のメーカーも含め、機種をグレードアップすればその時は「矢張り違うな」「ほう、これは凄い」となるのだが、使い慣れて来ると機種替えした当時の感動は薄れ、不満足な部分が見え隠れし始めてくる。そうした事は何にでも言えるものなのだから、自分の求める部分が明らかに認められた場合のみ導入する、と言った慎重さが必要だと改めて感じている。もうメーカーの謳い文句や人々の評価は鵜吞みにしない。自分の下した評価のみを基準として、安易な妥協はせず又惑わされないようにしたい。・・・それにしてもあのレンズだけは欲しいなぁ~・・・笑笑笑

 

 鉢植えの紫陽花と雫・・・。

 

 大好きな藍色の紫陽花ももう少しで咲き始める・・・。


 
 話変わってもう一つの独り言・・・確かプロだとは思われるある方(カメラや業界に精通した方)がネット上で語っていた事・・・確かに本質を突いていて非常に興味深い話を目にした。自分は数年前機材全てをキャノンからソニーに移行した訳だが、一眼レフ機からミラーレス機に移行し、当時のミラーレス機α9のAFや連写性能には驚愕したのを憶えている。以降ソニーはフラッグシップ機のα1を出した辺りまでは良かったのだが、ここに来て何やらソニーはミラーレスカメラの将来性が無いのではないか?と思うようになって来た。それは一言で言えばソニーが「Eマウント」を採用した大失敗。他社はミラーレス機で手振れ補正6段、7段、8段の世界となっているのに、ソニー機は未だフラッグシップ機でさえ5.5段止まりで喘いでいる。これがソニーのミラーレス一眼Eマウントの末路を意味しているとも言える。

 ソニーのカメラは小型軽量を追求し、カメラ本来の堅牢性なども余り考えないと言った愚かさ満載のカメラ作りの精神で、センサー技術だけでここまで来たカメラだと思っている。キャノン・ニコンと違い真のカメラ作りのプロフェッショナルがいないから、成るべくしてなったミラーレス一眼の末路が見え隠れしてきたと言える。期待する次期α9Ⅲにしてもスペック予想を見ると、α1のAF性能を下位機種(α9Ⅲ)に下ろし搭載すると言った位で、真新しい進化は無いようにも思える。そろそろミラーレスカメラでのソニーの時代は限界を迎えるのではないかと思えてならない。たぶんキャノンがR1と言うフラッグシップミラーレス機を出した後、α1Ⅱが出た辺りでソニーミラーレス機の将来の答えが出るように感じる。吉と出るのか凶と出るのか・・・。これは冒頭に出て来たプロも同様な事を言っているが、Eマウントが致命的となり終わりを迎えるかも知れない。要はEマウント故にミラーレス一眼の将来性が到底期待出来るものではないと言えるのが結論なのだ。他社はミラーレス機対応の目先の違う新レンズも徐々に出して来ている。もう時代は「ミラーレスのソニーを追う」ではなく、完全にソニーを捉えソニーを突き放す勢いを出している。小口径のEマウントが自らのソニーの首を絞めているのを、ソニー陣営は多分知っているだろう。ひょっとするとソニーはもうミラーレスでキャノン・ニコンにやられるのを感じている上に、Eマウント故に将来性が無いことを自らが悟り始め、「カメラから撤退してビデオのみにします」なんて言う商売に鞍替えするかも知れない。金儲けのソニーならカメラユーザーを無視して、パッと躊躇なくその道を選ぶ可能性も無きにしも非ずだ。

 ソニーは高感度耐性に強く高画素機でもノイズに強いと言ったセンサーの開発に成功していると聞く。しかし将来Eマウント故にそれがカメラに搭載されたとしても、手振れ補正は従来のままと他の部分がEマウント故の理由で進化が見られなければ本当に終わるだろう。それはEマウント故の小型化を追い求め過ぎたツケだ。そこに来たらソニーはミラーレスカメラから撤退するのかも知れない。世界で活躍する(オリンピック等)プロカメラマンの答えも、オリンピックで答えが出たような気がする。結局はカメラ作りのプロフェッショナルのいる、キャノン・ニコンが選択肢な訳で、カメラはカメラ作りのプロフェッショナルのいない電気屋さんのカメラは使えないとなるのも必然なのかも知れない。某プロの言うように、ソニーが生き残るにはニコンと組んでレンズはZマウントにするしかないと言うことか(アダプターを介せば今のEマウントレンズ資産も使えるから)。これは冒頭のプロも言っている。何れにしてもソニーのミラーレスカメラはEマウント故に将来性が無い事実が浮き彫りになって来ている。ソニーのミラーレスカメラが、後2・3年でどうなっているのかがこりぁ見物だぞ。「あ~っ!!いっけねぇ~、自分はソニー使いだった~!!」・・・キャノンだろうがニコンだろうがソニーだろうが、結局自分達のレベルでは何を使ったって同じって事・・・と言うことで、じゃんじゃん・・・笑笑笑。

 

 

        今日の独り言でした・・・本日はこれまで。

 

 

                祖新 六四

                 (そにぃ むつし)

暇潰し画像・・・。

 野鳥撮りの他にも色々と趣味がある祖新六四。その中には姫柿の盆栽がある。この春に自然受粉した花は小さな実となり顔を覗かせた。そして我が家に咲いた花を少々、暇潰しにご覧下さい。

 

 ライカCL+105mmマクロ撮り。

 花殻に守られていた実が成長して来ると、こうして花殻を脱ぎ捨てる・・・。

 

 花殻を脱ぎ捨て実は夏頃まで大きく成長する。・・・と言っても3センチ前後の小さな実だけれど。

 

 芍薬も咲いて来た・・・。

 

 

 蕾に蟻が・・・アブラムシ警報発令。

 

 柔らかな花弁が美しい・・・。

 

 テッセン(クレマチス)・・・ベル オブ ウォーキング。

 

 これは野草のオオジシバリが零れ種で咲いたか?・・・。間違いました、ユウゲショウでした5月14日訂正。

 

 薔薇も咲き始めた・・・。

 

 今年の鉢植え紫陽花は良好の出来だ・・・。

 

 数種類あるが早い物はこのような姿を見せ始めた・・・。

 

 

 今日も来週の滋賀県の天気予報をチェック。来週中辺りでイヌワシ遠征も何とかなるかな?・・・天気予報は毎日チェックだ。本日はこれまで。

 

 

                 祖新 六四

               (そにぃ むつし)

          

水辺の野鳥達

 一昨日、先日と利根川コアジサシを撮る中で撮った、野鳥達の残り画像を暇潰しにご覧下さい。

 

 ソニーα1+FE600mmF4GM+1.4テレコン&クロップしたりしなかったり撮り。

 コアジサシ・・・。

 

 5月の空に清々しい・・・。

 

 ダイサギ・・・。

 

 風に佇む翁の風体・・・。

 

 白飛びはご愛敬・・・。

 

 アオサギ・・・。

 

 7時台だっただろうか、突然オオタカの若い個体が水面を横切った。水鳥でも狙いに来たのか・・・。

  ハクセキレイ・・・。

 

 カモ・・・

 イソシギ・・・。

 

 イソシギ・・・。

 

 空高く飛んで行ったコチドリ・・・。

 

 首輪模様の帯と黄色を帯びた丸い目の縁でコチドリと分かる・・・。




 さて、来週の滋賀県の天気予報を見てみると、今のところ遠征出来そうな感じもする。日曜日か週明けに最終確認だ。本日はこれまで。

 

 

                 祖信六四

               (そにぃ むつし)

利根川のコアジサシ・・・獲物は「おとと(魚)」だけに「おっとととぉ~っと!!」

 今年もコアジサシがやって来た。利根川の河川敷で5月の風に吹かれながら、コアジサシが飛んで来るのを待つ。

 

 ソニーα1+FE600㎜F4GM+1.4テレコン&クロップしたりしなかったり撮り。

 魚ゲット後「わわっ!!」ぽろっと・・・。

 

 落としてなるか!!

 おっ!!

 おぉ~っ!!

 とと!!

 と~っ!!

 ~っと!!

 とっ!!

 とぉ~っ!!・・・何とか奪還。

 

 コアジサシはツバメとまでは行かないが忙しく飛び回る・・・。

 

 カワセミ同様に水に飛び込んで魚を獲る・・・。

 

 飛び込むのは対岸寄りの方ばかりで、飛び込む瞬間は撮れず終い。2回程至近に現れ飛び込んだが、カメラから離れていた場所にいて撃沈。でも追えたかがどうかの至近だったからどうだったかな・・・。

 

 至近を稀に飛ぶが、目の辺りが黒いので中々目が出てくれない。野鳥撮り泣かせの鳥でもある・・・。

 これから数も更に増えるだろう・・・。

 

 

 さて、本来なら真夜中に滋賀県を目指す予定だったが、撮れてもやっと2日間かどうかでは安心出来ず行っても仕方がないので諦めたのだが、来週は来週でその殆ど毎日が曇と時折傘のマークではチャンスは再来週以外には無い。6月になれば第1週目が終わる頃が滋賀の例年の梅雨入りだから、今月最終週から6月初め頃に晴れと曇りマークの日が3日間続く日が無ければ初遠征は不可能だ。梅雨の晴れ間か夏が遠征第一弾となってしまうのか・・・天気予報だけはチェックしておこう。本日はこれまで。

 

 

                 祖新 六四

               (そにぃ むつし)

カワセミⅡ・・・色んな姿

 昨日撮った公園のカワセミの残り画像を暇潰しにご覧下さい。

 

 ソニーα1+FE600㎜GM+1.4テレコン&クロップモードを使ったり使わなかったり撮り。

 突撃~~!!

 

 何も獲れなかったのに万歳しながらの水上がり・・・。

 

 木の枝から獲物の魚探し・・・。

 

 何かの幼虫をゲット・・・美味しく頂いたようでした。

 

 

 

 オマケ画像・・・蕾が膨らんで来た我が家の鉢植えの紫陽花。

 ライカCL+105mmマクロ

 ややハイキーに・・・。

 

 天道虫を最近良く見ると思っていたら・・・小さな花壇の紫陽花の葉にはこの幼虫が・・・↑。

 

 やがてこうなる・・・↑。この天道虫は鉢植えの紫陽花の葉に2匹いた。

 

 来週と再来週の滋賀県の天気予報を見たらあまり良くない天気予報。予報だから変わる可能性もあるが、梅雨の走りの前には何とか一度イヌワシ撮り遠征をしてみたいものだがどうか・・・。明日また天気予報を確認してみよう。本日はこれまで。

 

 

                 祖新 六四

               (そにぃ むつし)