ちょっと待ってょブロガーさん&コアジサシの飛翔・ホバ・ダイブ・水払い。

 先日ネットサーフィンで野鳥記事を見ていた時に、何方かのブログ記事内でISOを〇〇〇〇で撮ったと言うα9Ⅲの画像がありましたが、見た限り明らかにノイズ処理済みの画像と確信しておりますが、そうした忖度記事が多過ぎますよね~。私自身もα9Ⅲを実使用しておりますが、ソニー機α9ⅢのISOを〇〇〇〇で撮った画像が、アップされている画像で有る筈がない事は当該機種を使用しているので断言できる。私はJIPEGオンリーで編集も簡単なものですが、α1やα9Ⅲでノイズ処理を行わなくてアップ出来るのは、天気の良い日の画像位でしょう。夕刻が迫りつつある時の画像があれだけ滑らかでノイズレスな背景が写し出せる事自体あり得ない事だし、明らかにノイズ処理をされた画像と見受けられる。そこで「ISO感度〇〇〇〇で撮った画像です」と言うのなら、+ノイズ処理をしました、とここまで説明しないと嘘になるよね、と言いたい訳です。・・・と言う様にネット上で綺麗だ、良く撮れているなぁ、と見られる画像のその殆どは編集で手を加えられている画像です。だから自分はどんなに素晴らしい画像を拝見しても、「編集技術がお上手ですね」としか思いませんし「おぉイイですね~」としか言えません。「絵」「画」と言うものは、それ以外の構図と言うのも大きく関係します。簡潔に言えば、トリミングなどで上手く構図が整えられ、尚且つ編集技術に長けた方、こうした方はプロにさえ負けず劣らずのアマチュアと言えるのではないかと自分は思います。世のインフルエンサー達(ブロガーやユーチューバーさん)、そしてプロの方々も、忖度無しの機材話しをしましょうよ。良い事ばかりを配信して、それを信じて買った方は無念の涙を流すのですよ・・・「騙された~」なんてね(笑)。祖新六四は名前の通り祖新(そにー)六四(600F4)使い、カメラはα1にα9Ⅲを使っていますが、はっきり言ってソニー機には高感度耐性なんぞは御座いませんと言います。そしてα9Ⅲに関してはブースト120コマとプリキャプチャー、そしてAIAFのこの3点しか自分自身必要としていません。まぁこの3点にあの投資額は馬鹿げていますよね。そして画質は2400万画素の低画素の至って普通のカメラだと言う事。瞬間撮りを必要としない方が手にするとガッカリするカメラでしょう。ただ必要とする人には唯一無二のカメラだと言う事です。巷に溢れる情報を信じるのも良いですが、自分自身の中で良く吟味してベストな機材選びをしたいものですね。あれ~?俺ってソニーにして良かった訳かぁ~??未だに?な思い・・・ま、どこのメーカーも団栗の背比べって言う事。それとソニーに一言、中、上級機種に高感度耐性に滅法強く、連写枚数も30コマと言う積層型センサーの機種を出してみたらどうよ。きっと売れるよ~。高速機が1と9Ⅲ(片や高画素で高感度耐性に弱く、片やグローバルシャッターのお陰?で2400万画素だが高感度耐性に弱い)だけでは話にならん。と言うお話でした。

 

 ・・・閑話休題・・・

 

 それではコアジサシの飛翔・ホバ・ダイブ・水払いをご覧下さい・・・。

 

 使用機材 カメラ:ソニーα9Ⅲ

       レンズ:ソニーFE600mm F4 GM&1.4テレコン

       三脚 :ザハトラーflowtech75

          雲台 :ザハトラーaktiv8

          照準器:SONIDORI PRO

 

 コアジサシが飛翔して来た・・・。

 

 ホバリング開始・・・。

 

 狙いを定め水面へ・・・。

 

 瞬間撮り成功・・・Ⅰ

 瞬間撮り成功Ⅱ・・・だがもっと至近のクッキリ画像でなくてはダメだ。

 

 結局魚を銜えた水上がりには至らず・・・。

 

 狩りを失敗し水から上がり飛んで行く所を撮ってみたら、飛翔しながら水を掃う姿が撮れていた・・・。

 

 

 体に付いた水をブルブルッと払った・・・。

 

 α9Ⅲでは数回のダイブを見せてくれれば、嘴が水面を捉えるか捉えないかの瞬間を高確率で撮らせてくれる。課題は如何に至近のその瞬間が撮れるかだけ。これは運次第神頼みしか無い・・・。

 

 さて、週明けから低い曇り空、今週のお山は厳しいかな?・・・本日はこれまで。

 

                  祖新六四

                (そにぃ むつし)

チョウゲンボウ。

 今日は隣県のチョウゲンボウ撮りへ。ここは初場所だがチョウゲンボウが近くで撮れる上に今は雛も育っていて結構楽しめた。それではご覧下さい・・・。

 

 使用機材 カメラ:ソニーα1

      レンズ:ソニーFE600mm F4 GM+1.4テレコン

         三脚 :ザハトラーflowtech75

         雲台 :ザハトラーaktiv8

            照準器:SONIDORI

 

 雛を見守るように近くに止まる親・・・。

    最初はグー、じゃんけんポイ・・・か?

 

 飛び出しを撮ってみた・・・。

 

 餌を与えた親の背後には成長著しい雛の姿が・・・。

 雛の一羽が外に出て来て親と並んだ・・・。

 一羽の雛・・・頭部に僅かに産毛が残る。

 可愛いね・・・。

 雛同士・・・可愛い。

 親は時折飛び立ち雛に与える餌を狩って来る・・・。

 獲物は鳥のようだった・・・。

 雛も近くにいるので親の飛翔もフレームに入れるのが難しい程近くを飛ぶ事もある・・・。

 

 さて、今日は短時間でも十分に遊ばせてもらった。しかし河川敷の草も茂り何かのアレルギーで目が痒かった。鼻もクシュッと来たので草物のアレルギーだろう。やっぱり人間が繊細に出来ているだけに弱いのかなぁ~???笑。

 帰りはいつもの利根川河川敷に寄って、コアジサシを少しばかり撮り家路に着いたのでした・・・本日はこれまで。


                                                                祖新六四

                (そにぃ むつし)

クマタカⅡ

 クマタカ残り画像のアップです。暇潰しにご覧下さい・・・。

 

 使用機材 カメラ:ソニーα1

      レンズ:ソニーFE600mm F4 GM+2倍テレコン&クロップ併用

      三脚 :ザハトラーflowtech75

         雲台 :ザハトラーaktiv8

         照準器:SONIDORI  PRO

 

 

 木々の間も巧みに飛び回れるクマタカは森の忍者だ・・・。

 こうした森の枝に止まり、獲物を待ち伏せして狩る。蛇や小動物から鳥などを獲物とする・・・。

 クマタカは大きいものでは翼開長1m60cmにもなる大型の鷹。猿を獲物とした例もある・・・。

 見る人が見れば背景で場所が分かるかも・・・?

 600mmF4レンズに2倍のテレコンで1200mmF8、そしてクロップを併用し1800mm撮りで多くの画像を撮ったのだが、その上にトリミングなので画像は余りヨロシクありません。しかし大気次第ではテレコン使用は大きな武器。どんどん活用したいアイテムですね。

 さて、明日はちょっとチョウゲンボウさんの偵察にでも行ってみようか。起きられたら出掛けてみよう。・・・と言う事で本日はこれまで。


                   祖新六四

                (そにぃ むつし)

森林の王者クマタカ(熊鷹)。

 昨日は早起きをしてお山のクマタカ撮りへ。3時間待つも姿を見せない・・・するとお待ちかね第一回目の登場。そして午後2時位までに数回出てくれた上に長時間の飛翔を見せてくれた。まずまずの撮れ高でお山を後にしたのでした・・・。それでは暇潰しクマタカ画像の一部をご覧下さい・・・。

 

 使用機材 カメラ:ソニーα1

         レンズ:ソニーFE600mm F4 GM+2倍テレコン&クロップ併用

      三脚 :ザハトラーflowtech75

           雲台 :ザハトラーaktiv8

        照準器:SONIDORI  PRO

 

 いつもよりやや下目を飛んでくれたのでいつもよりは良く撮れた・・・かな?。

 以下の画像は順不同適当に貼り付けます・・・。

 2羽での飛翔も見せてくれた・・・。

 良いシーンも空の色が・・・残念。この日は雲が流れ青空は僅かに覗くだけだった。

 まだ編集し切れていない画像もある。しかしソニー機はノイズ乗りが激しい。プロの方々もそうだが、ユーチューブ内でカメラ機材の事については、忖度無しのもっと真実を語って頂きたいものだ。「ノイズ処理編集ソフトが無ければ、真面な写真は撮れません」とかね・・・。この日は距離を考慮して2倍テレコンを使った。F4レンズだがF8となる。暗くなるのでシャッタースピードを稼ぐ為にISO感度を上げる(上げると言っても2000や2500程度だ)。しかしまぁこんなものでも暗所ノイズが満載では酷いカメラだねフラッグシップ機が(まぁノイズに関してだけの話だが・・・ね)。いつまで経ってもこのメーカーからは高感度耐性に強いカメラなんて出ないのかなぁ・・・この点だけはC社が羨ましい(この点だけですよ・・・笑)。メーカーさんも「ノイズ処理必須のカメラですので、ノイズ処理ソフトも合わせてご購入下さい」とカタログに明記せよ!!(大笑い)マジでだょ。

 さて、矢張り猛禽はイイですね~。特にクマタカは凛々しい面構えに幅広の翼、そして模様が美しく存在感がある。猛禽屋さんもこの鳥にハマる訳だ。そのうちにまた撮りに行ってみよう・・・本日はこれまで。

 

                   祖新六四

                (そにぃ むつし)

今日のコアジサシ・・・至近の水上がり。

 今日も利根川でコアジサ撮り。今日はまずまずの成果があり、撮った画像枚数12000枚弱。普段では考えられない画像枚数だが、ブースト120コマを使うと撮影枚数はビックリする程多くなってしまう。まだ数多くの未編集画像があるので取り敢えずの画像のアップです。画像はトリミング程度の編集しかしていませんので、今日はまずまず良く撮れた方だと思います。それでは暇潰し画像をご覧下さい・・・。

 

 使用機材 カメラ:ソニーα9Ⅲ

      レンズ:ソニーFE600mm F4 GM+1.4テレコン

      三脚 :ザハトラーflowtech75

      雲台 :ザハトラーaktiv8

         照準器:SONIDORI PRO

 この時はホバリングに気付かず、目を遣ったら急降下し始めた所だった。レンズを振り照準器で追いながらシャッターを切ったが、ピントが取り切れず且つ画角にはコアジサシが僅かに写り込んだだけで直ぐに水面に突入してしまった。仕切り直してシャッターを切りこの水上がりは何とか撮れました。今日一の至近のダイブだった・・・。

 

 さて、明日は早起きをしてお山のクマタカ撮りと行きましょうか。本日はこれまで。

 

                  祖新六四

                (そにぃ むつし)

フクロウの仲間達。

 画像ネタが無くなったので、フォトブック次回製作予定の猛禽類の画像から、フクロウの仲間達をアップ。コミミズク・アオバズクトラフズクの暇潰し画像をご覧下さい・・・。

 

 使用機材 カメラ:ソニーα1他

      レンズ:ソニーFE600mm F4 GM&1.4テレコン

      三脚 :ザハトラーflowtech75他

         雲台 :ザハトラーaktiv8他

         照準器:SONIDORI PRO 他

 

 先ずはコミミズク・・・

 菜の花を背景に飛ぶ・・・

 カメラ目線はコミミズクの専売特許だ・・・。

 

 トラフズク・・・

 幼鳥・・・。

 

 アオバズク・・・

 

 海外の無料画像加工でお遊び・・・かれこれ10年以上も前の画像を久し振りに見た。

 

 さて、今日はこれから暇潰しに河川敷か沼の様子を見に行ってみるか。どちらにしても手近なコアジサシになってしまうのだが・・・本日はこれまで。

 

                  祖新六四

                (そにぃ むつし)

人生で2度と撮れないであろう画像とシーンを暇潰しに・・・。

 本日は休養日、そして作ろうと思っていたフォトブックの製作を写真店に行き依頼して来た。依頼して来たのはイヌワシオオタカのフォトブック2冊。そして猛禽集はまた後程製作依頼をしようと考えている。出来上がりは約11日後と言う事だ。

 そして今日は猛禽類の写真整理をした中から、今後多分写真趣味人生の中で2度と撮れないであろうと思える画像を数枚アップしますので、暇潰しにご覧下さい・・・。

 

 使用機材 カメラ:ソニーα1他

      レンズ:ソニーFE600mm F4 GM&1.4テレコン

      三脚 :ザハトラーflowtech75他

         雲台 :ザハトラーaktiv8他

         照準器:SONIDORI PRO 他

 愛用の野鳥撮りお守りハンドメイドネックレス・・・本物の猛禽(多分オオタカ)の足指・・・。

 

 これはケアシノスリとコミミズクのダブル飛翔シーン。ケアシノスリ単体でもレアな猛禽だが、コミミズクとのダブル飛翔は今後2度と撮れないだろう・・・。

 

 関東の遊水池を沸かせたマダラチュウヒ・・・遠く関西や東北方面からもコレを目当てに連日野鳥マニア達が大挙してやって来たのは記憶に新しい・・・。これも2度とお目に掛れないようなレアな猛禽だ。

 

 3羽のクマタカがこうして絡むシーンも、今後まず撮れないのではないかと思われる・・・。

 

 このシーンも珍しい・・・上にハチクマ、下にサシバが重なって飛翔している。これも2度と撮れないシーンだろう・・・。

 

 このウスハヤブサ(幼鳥)も今後お目に掛れないであろう程に、日本で目に出来る事はあまり無いだろう。このウスハヤブサが滞在中は多くの人達で賑わった。遠く奈良県から群馬県まで来た方もおられた。

 こうのように今後目にする事が出来ないようなレアな野鳥、そして珍しいシーンに出会える事もあるかも知れないので、自然の中では四方八方、特に♪上を向いて歩こう♪・・・なんてネ。

 

 さて、週初めは天気が悪そうなので、何か出来る事でも見付けて没頭する事にしよう・・・本日はこれまで。。 

           

                  祖新 六四

                 (そにぃ むつし)